「つるてかふろ~りんぐ」

和やか

フローリングを選ぶ前に、知っておかなければならない性質

近年の健康志向を受けて、一枚の無垢材でつくられている、いわゆる無垢フローリングが、人気を呼んでいます。これらは、一枚の板から出来ていることならではの、厚みや温もり、高級感や重厚感が得られる反面、温度や湿度の変化によって伸縮し、そのため反りや隙間を生じやすいという性質があることも、よく知っておかなければなりません。また、樹種によっても様々な性質があります。その種類は大きく分けて、針葉樹系と広葉樹系とがあります。スギなどを代表とする針葉樹系は、一般に軟らかいものが多く、そのため足触りもよく、温かみがあります。しかしその一方、傷が付きやすく、年数が経つと赤く焼けてくることもあります。チークなどを代表とする広葉樹系は、一般に堅いものが多く、そのため強度はありますが、足触りも硬めに感じられます。また近年では、フローリングに床暖房へ対応した性能が求められるようになってきました。無垢材でも、対応する製品がかなり増えてきましたが、基本的に、針葉樹系のものは床暖房には不向きであるため、注意が必要です。こうした性質をよく理解した上で、フローリングを選ぶことが、長く愛着を持って使えるようにする上で大切になります。

多くの住宅で用いられる複合フローリングの性質

近年では無垢材も増えてきましたが、やはりまだまだ高価であることもあり、一般住宅の多くで採用されているのは、複合フローリングです。複合フローリングというのは、基材となる合板の表面に、0.5ミリメートルから3ミリメートル程度の厚さの単板を張ったものです。単板の主流はナラ材で、ナチュラル、ライト、ミディアム、ダークなど、様々な名称で、薄い色から濃い色まで、多くのバリエーションが準備されています。複合フローリングの最大のメリットは、その安定性です。無垢材のように収縮したり、膨張したりしにくく、色や柄のムラも少なくなっています。また、もともと加工品であるため、様々な機能を持った商品が、豊富にラインナップされていることもメリットの一つです。歩行頻度が高い場所でも、表面の塗装が剥がれにくい耐摩耗性や、家具を引きずっても傷がつきにくい耐傷性を持つものから、マットや緩衝材が付いた遮音性能を向上したものまで、より高い性能が付け加えられていて、使用範囲をひろげる要因の一つになっています。無垢材が経年変化そのものを楽しむという考え方であるのに対して、こちらは、高性能で、当初の美しさを長く保ちたいと考える人に適していると言っていいでしょう。

Valuable information

全身脱毛 大阪
http://www.datsumohikaku.com/osaka/
シェアハウス 女性
http://www.common-share.com/
美容はさみ
http://www.hien-scissors.jp/
宝石 買取 銀座
http://hoseki-kaitori.jp/
千葉市でペット火葬をするなら
http://www.i-chiba.com/
原付の無料廃車
http://www.bike-poi.com/

Last update:2016/10/6